<< 士は己を知る者の為に死す  西村眞悟 | main | 経済制裁への報復か 北朝鮮軍が中国漁船を拿捕  古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







中国工商銀行の保有株式を売却 ゴールドマンサックス  宮崎正弘
ゴールドマンサックス、ついに中国から逃げ去るようだ。「中国工商銀行」の最後の持ち株11億ドル、売却の予定。

2006年4月だった。ゴールドマンサックスは、中国工商銀行の株式4・9%の大株主となった。これによって中国の銀行に弾みが付いた。同行は、時価総額で世界一にランクされた。

先週16日に米国のファンド筋が中国工商銀行の株式を香港市場で売却した。

これまでにUBS(ユニオンバンク・オブ・スイスランド)とRBS(ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)は保持していた「中国銀行」の株式を全株売却した。

08年リーマンショック後、欧米の有力ファンド、銀行、證券は手持ち資金不足のため、持ち株処分にでた。ゴールドマンサックスが最初に中国工商銀行の株式を売却し、その後五回に亘って売却を続けた。直近は13年1月、10億ドルを売却した。

残りの持ち株は11億ドル分、近く保有する中国工商銀行の株式を香港市場で売却すると発表した。

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 05:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 05:56 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1003741
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE