<< 北朝鮮は日米韓分断意図=飯島氏訪問で−米特別代表 古澤襄 | main | 拉致など日米韓の連携で何かしてくれるのか?   田母神俊雄 >>
日本側の意向をジョンウン第1書記に報告、回答する   古澤襄
<北朝鮮を訪問していた飯島勲内閣官房参与が北朝鮮の要人との会談で、拉致被害者の即時帰国などを求めたのに対し、北朝鮮側は日本側の意向をキム・ジョンウン第1書記に報告し、回答する考えを伝えていたことが分かりました。

政府は、北朝鮮がどのような対応を示すのか注意深く見守る方針です。

今月14日から北朝鮮のピョンヤンを訪問していた飯島勲内閣官房参与は18日午後、帰国し、東京都内のホテルで菅官房長官と会談しました。

この中で、飯島氏は北朝鮮の要人との会談で、拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的な解決を目指す日本政府の方針や、拉致問題で拉致被害者の即時帰国、真相究明、実行犯の引き渡しが実現しなければ“日本は動かない”という意向を伝えたことを報告しました。

さらに、政府関係者によりますと、北朝鮮側は飯島氏との会談で、日本側の意向をキム・ジョンウン第1書記に報告し、回答する考えを伝えていたことが分かりました。

北朝鮮が今回、飯島氏の訪問を受け入れ、キム・ヨンナム最高人民会議常任委員長ら指導部との会談を内外に公表したことについて、政府内には日本、アメリカ、韓国の連携に揺さぶりかけるためではないかと警戒する見方がある一方、拉致問題の解決に向けて対話を続ける必要があるという意見も出ています。

飯島氏と北朝鮮側との会談の内容は、18日夜、菅官房長官から電話で安倍総理大臣にも伝えられ、それに先立って安倍総理大臣は記者団に対し「必要があれば飯島参与から直接話を聞くことになっている」と述べています。

政府は一連の会談の内容を詳しく分析し、安倍総理大臣が最重要課題と位置づける拉致問題で、北朝鮮がどのような対応を示すのか注意深く見守る方針です。(NHK)>

杜父魚文庫

| - | 05:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 05:46 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1003719
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE