<< 自民党の加藤紘一、久間章生氏が政界引退へ   古澤襄 | main | 地元では報道されないオスプレイ反対派の実力行使    古澤襄 >>
長身で涼しげな目をしたブリヤート娘   古澤襄
モンゴル帝国の始祖・チンギス・ハーンは、戦前の日本でもっとも人気があった北アジア史の英雄。チンギス・ハーンの一代記である『元朝秘史』には、シベリアのバイカル湖を渡ってオノン川上流のブルカン岳にやってきた「ボルテ・チノ」(「灰色斑模様の狼」の意)とその妻・「コアイ・マラル」(「白い鹿」の意)の始祖説話がある。

この氏族を「ボルジギン氏(Borjigin)」と言った。モンゴルで最も高貴な氏族とみなされ、チンギス・ハーンの男系子孫は現在まで連綿と続いている。

シベリアのバイカル湖には二度行ったが、この地に住むブリヤート・モンゴルは日本人と瓜ふたつ。最初のシベリア旅行で通訳についてくれたのがイルクーツク大学日本語学科の女子学生だったが、日本の富山大学の留学経験があったので流暢な日本語を喋っていた。

長身で涼しげな目をしたブリヤート娘だったが、聡明で誇り高き性格に惹かれた。ブリヤート・モンゴルは氷河期に東進して日本に渡ってきたといわれる。南下したのがボルジギンであろう。

帰国してブリヤート・モンゴルと日本人のDNAはほとんど一致するという学会の発表を読んだ。日本人の遺伝子には北方系と南方系の「二重構造モデル」がみられるという。通訳の女子学生に惹かれたのは同根の潜在意識があったからだろう。

およそ一億二〇〇〇年から一億三〇〇〇年前にシベリアのバイカル湖周辺にあったブリヤート・モンゴルが地続きのサハリン、北海道を渡って日本本土にやってきた。その数は七〇〇〇人前後という推定値がある。縄文遺跡から発掘された人骨のDNA鑑定をするとブリヤートとほとんどが一致する。

このブリヤートは南進して九州まで及んでいる。北方系の遺伝子はブリヤートのものが色濃く反映されたとみていい。秋田美人の原形はブリヤートなのではないか。京都美人の原形といわれる出雲美人は、朝鮮半島の新羅系なそうである。

しかし、いまの日本人には不思議と朝鮮半島に人たちのDNAは少ない。朝鮮半島で最初の統一国家となった古代新羅王朝と古代日本の関係は意外と薄いからである。神話時代の古代出雲国が新羅と交流があったのは明らかだが、DNA上では少ないのは不思議である。

その半面、日本国家の成立過程をみると、新羅によって滅ぼされた百済系の渡来民が古代日本の政治や経済、文化の面で大きな影響を与えてきた。

平安時代初期の815年に嵯峨天皇の命により古代氏族名鑑「新撰姓氏録」が編纂されている。朝鮮半島の国家の興亡の歴史の中で、流民となった王族たちを受け入れ、同化政策をとった記録。渡来人系の氏族を「諸蕃」と称して、その中に「百済系」の104氏があるが、「新羅系」は9氏しかない。

話は飛躍するが、朴槿恵大統領は「新羅系」。金大中元大統領は「百済系」といわれる。朴槿恵が日本との関係に冷淡なのは「新羅系」のせいだと私は珍説を唱えている。かなりの”こじつけ”なのは承知のうえなのだが・・・。

杜父魚文庫

| - | 02:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 02:04 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1003365
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE