<< こりゃあ閑話(こりゃあかんわ)  西村眞悟 | main | 自然に親しんできた生活を守りつつ数百年に一度の大災害に対処したい  桜井よしこ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







B52戦略爆撃機の飛行訓練は核の傘の公開  古澤襄
【ソウル聯合ニュース】米軍のB52戦略爆撃機が19日午前、グアムを出撃し、朝鮮半島上空で爆撃訓練を実施したことが分かった。韓国軍消息筋は「正午前後に爆撃訓練を行った後、グアムに復帰した」と伝えた。>

<米国が韓国に対する「核の傘」を提供する考えを繰り返し示し、北朝鮮の核の脅威に本格的かつ積極的な対応に乗り出した。核の傘とは、核兵器を保有しない国が核を保有する同盟国の核戦争力によって敵国の核攻撃を抑止するという概念だ。

米軍は19日、韓半島上空でB52戦略爆撃機の飛行訓練を行なった。

グァムのアンダーソン空軍基地から出発したB52戦略爆撃機は同日午前、韓半島上空で訓練を終えた。「空飛ぶ要塞」と呼ばれるB52戦略爆撃機は、精密な照準が可能な通常兵器だけでなく、核弾頭の装着が可能な空中発射巡航ミサイル(ALCM)が搭載されている。


潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)が搭載された原子力潜水艦や大陸間弾道ミサイル(ICBM)と共に米国の「核の傘3大軸」に挙げられる。米国が、韓米連合軍事演習「キーリゾルブ(KR)」と「トクソリ演習(FE)」に原子力潜水艦を投入したことから、核の傘の3大軸の2つを公開したわけだ。

米国が核の傘のカードを積極的に取り出した最大の理由は、北朝鮮の核挑発を座視しないという強力な北朝鮮への警告メッセージを送るためとみえる。韓米両国は2月に米ワシントンで開かれた韓米統合国防協議体(KIDD)会議で、北朝鮮の核攻撃が差し迫る場合、米国は原子力潜水艦とB2、B52爆撃機などを韓半島に速かに展開する、状況に応じた抑止戦略を具体化することで合意した。

金奭(キム・ミンソク)国防部報道官は同日、定例会見で、「B52戦略爆撃機の韓半島飛行演習は、米国の韓半島防衛公約の一環である核の傘を確認する意味がある」と明らかにした。

米国防総省のジョージ・リトル報道官も18日、記者懇談会で、「(B52戦略爆撃機は)北朝鮮の最近の脅威に対応して米国が拡張した抑止能力を保有しているということに注意を喚起させるためのものであり、韓国を防衛するという米国の決意を示すためのものだ」と強調した。

米国の核の傘の公開は、「米国の戦術核を再配備する必要がある」、「韓国政府も核開発に乗り出すべきだ」という韓国内の一部の強硬論をなだめる意図も含まれていると、専門家たちは見ている。


米国の核の傘の約束への国内の一部の疑念を早期に払拭する必要性を感じたということだ。これと関連して、米国の保守寄りのメディアである「ワシントン・フリービーコン(WFB)」は18日、国防総省の官僚の話を引用して、「B52戦略爆撃機が、現在行なわれている韓米軍事演習の一環で、北朝鮮を狙った核爆撃演習を行なった」と報じた。

軍当局は、トクスリ演習でB52戦略爆撃機が8日に韓国上空で任務飛行を行なったのに続き、19日に再び出撃したことは、北朝鮮の局地挑発を抑止するのに効果的だと判断している。西海(ソヘ・黄海)上で海岸砲や長射程砲を使用した北朝鮮の挑発の可能性が高まっている状況で、「挑発すれば直ちに大規模な火力で報復する」という意志を明確に伝えたということだ。

軍の一部では、米国の国内政治状況とB52戦略爆撃機の出撃を結びつける解釈を出している。韓国軍関係者は、「B52戦略爆撃機を使用するために、北朝鮮の脅威が大きいという点を強調し、米連邦政府の歳出『自動削減』による大規模な国防費削減の不当性を示そうという意図もあるようだ」と説明した。

一方、WFBは、米国の情報筋を引用して、「北朝鮮は大規模な韓米軍事演習の期間には静かにし、演習が終わった5月頃、軍事挑発に出る可能性がある」と見通した。(東亜日報)>

<B52は1950年代にソ連に対する米国の核攻撃のために開発された爆撃機。その後、性能のアップグレードが続き、今でも米空軍の主力となっている。全長48メートル、幅56.4メートル、重量221・35トンの大型爆撃機で、最大航続距離が1万6000キロにのぼる。

特に最高高度が16.7キロ(5万5000フィート)と、対空砲火が届かないところで大量爆撃が可能で、“空を飛ぶ要塞”とも呼ばれる。24メガトン(1メガトン=TNT100万トン)級水素爆弾4発と核弾頭搭載が可能なAGM−86B巡航ミサイルを搭載している。(中央日報)>

杜父魚文庫
| - | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 06:22 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1003047
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE