<< 豪外交のアセアン重視路線鮮明に   宮崎正弘 | main | こりゃあ閑話(こりゃあかんわ)  西村眞悟 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







米国防副長官 「朝鮮半島でB52が爆撃訓練」と発言  古澤襄
<米国国防総省のアシュトン・カーター国防副長官が「B52戦略爆撃機が19日に韓半島(朝鮮半島)で飛行訓練を行う」と発表した。

韓国を訪問中のカーター副長官は18日、韓国国防部(省に相当)の金寛鎮(キム・グァンジン)長官を表敬訪問した後、記者会見を行い「北朝鮮の(核・ミサイルの)脅威は深刻なレベル。(北朝鮮に対する抑止力を強化するため)米国の利用可能なあらゆる能力を韓米同盟に投入できる条件を保障する」という趣旨の発言を行った。

B52は核爆弾の投下が可能な戦略爆撃機。韓米両国は、B52爆撃機や原子力潜水艦などを動員した合同演習を韓半島で定期的に実施してきたが、いずれも機密事項に分類され、公開されなかった。

米国国防総省の高官が記者会見まで行い、機密事項はもちろん、訓練の日程まで公にするのは異例のこと。19日の訓練には、グアム島のアンダーセン空軍基地を飛び立ったB52(1機)が投入されるといわれている。このB52は模擬爆撃訓練も行うという。


韓東大学のパク・ウォンゴン教授は「カーター副長官の発言は、北朝鮮が核攻撃などの挑発を試みた場合、核による報復を含め、北朝鮮をこらしめる能力と意思があるということを示すもの」と評価した。

一方、米国は連邦政府の自動支出削減措置、いわゆる「セクエスター」により、国防費の削減が見込まれている。一部では、これにより韓国政府が負担すべき在韓米軍防衛費(約40%)が増えるのではないか、という見方もある。しかしカーター副長官は「(セクエスターは)在韓米軍の防衛費分担協議には全く影響を及ぼさない」と語った。(朝鮮日報)>

杜父魚文庫
| - | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 10:20 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1003045
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE