<< 「加藤紘一って、どんな政治家なの?」  古澤襄 | main | 核実験強行の北朝鮮、注目すべき政治的リスク   古澤襄 >>
風呂嫌いの自己弁明   平井修一
昔から風呂嫌いの人は「垢で死んだ奴はいない」と己の風呂嫌いを弁明、正当化する。小生もその一人で、週に一度風呂に入ればいい方。

そんな風呂嫌いの人々が「ほら見てごらん」と言いそうな報道があった。「入浴中の急死1万7千人 65歳以上、全国推計」と産経(2013.2.2)が報じている。

<高齢者が自宅などで入浴中に意識障害を起こしておぼれたり、脳卒中や心筋梗塞を発症したりして急死するとされる「入浴関連死」が、全国で年間約1万7千人に上るとの推計を東京都健康長寿医療センター研究所が2日までにまとめた。

入浴中の急死は冬場に多発。温度差による血圧の急激な変化が原因と指摘されるが、実態はよく分かっていない。熱中症も原因の一つと言われており、厚生労働省は、具体的な発症要因を探り防止策につなげようと実態把握を進める方針だ。

調査は、寒冷地では入浴死のリスクが高まると指摘されることから、東日本を対象にした。

同研究所の高橋龍太郎副所長によると、冷え込んだ脱衣所や浴室では急に体温が奪われ血管が縮んで血圧が上がる。湯船に入った直後も熱さが刺激となって血圧が上がり、その後は血管が広がって急速に下がる。

こうした血圧の急変動が意識障害の引き金になり、おぼれる恐れがあるという。脳卒中などの発症につながるほか「湯に長く漬かることで熱中症もあり得る」とする>

健康長寿医療センターによると、この調査対象は23道都県の447消防本部で、回答率は81%。期間は2011年の1年間で、回答を得た地域において4252人の高齢者が入浴中に死亡(CPA:心肺停止状態)していることが分かった。80歳以上が過半数を占めている。

■年代別CPA人数

65〜計 65〜69 70〜74 75〜79 80〜
計 4252 330 563 921 2438
男 2206 209 325 526 1146
女 2046 121 238 395 1292

これをもとに2011年には全国でおよそ1万7000人が浴室内でCPA状態、ないし死亡していると推計した。CPAの場合、救命率は約1%である。

1万7000人ということは1日当たり46.6人である。人は垢では死なないが、風呂に入れば死のリスクが高まるのだ。親に長生きしてもらいたい人は、特に80歳以上ならあまり風呂を勧めないほうがいいだろう。逆の人は毎日入ってもらうことだが、これは結構な完全犯罪にはなるだろうが、ここで触れる話ではない。

国民生活センターに高齢者の入浴事故例があったので以下紹介する。

Aさん(73歳)は、平成15年3月29日午後8時30分ごろ、自宅の浴槽内で溺水により死亡した。

Aさんは同日午後8時ごろ、浴槽いっぱいに41℃の湯をためて入浴した。そのとき飲酒はしていなかった。いつもは30分くらいで入浴を済ませるAさんが遅かったため、午後8時40分ごろ家族が見に行ったところ、Aさんは浴槽内で顔を湯につけて浮かんでいた。

家族はAさんを引き上げて人工呼吸と心マッサージを試みたが、Aさんは大量の湯を吸引しており、胸や腹部でチャポチャポと水の音がした。死体検案書によると、直接死因は「溺死」、死因の種類は「外因死(溺水)」とされた。

また、解剖所見として、意識消失を来すような脳梗塞、心筋梗塞等の既存疾患等は認められず、心不全、拡張性心筋症の所見もない。Aさんに転倒等をうかがわせる外傷はなく、また、飲酒に由来するエタノールは不検出であった。Aさんは高齢ではあったが日頃からまったく健康であり、高血圧、心臓病、高脂血症等の持病および既往症はなかった・・・

健康であっても高齢者なら誰にでも起きうる事故なのである。

<わが国で入浴事故が多発している背景には、独特の社会・文化的な理由がある。たとえば、欧米では身体の清潔を目的に入浴しているのに対し、わが国ではからだを温める、リラックスして入浴を楽しむ、という意味をもっている。むしろ、このような点を重視している人も少なくない。

ある調査によると、一週間に3回以上浴槽内で入浴する人の割合は、日本では100%であるのに米国(ニューヨーク)では23%にすぎない(おふろの楽園、資生堂新規事業部編著、求龍堂、1994年)。また、日本のサラリーマンに対する調査によると、家庭で最もくつろげるのは「お風呂に入っているとき」との答えが一番多かったという。

一方、米国などでの入浴の特徴は、バスルームは複数あってもシャワータイプが多く、朝、外出前、来客前などにシャワーをするのが一般的で、浴槽内での入浴はほとんどしない人も珍しくない(東京ガス・都市生活研究所、日米お風呂調査)>(健康長寿医療センター)

お風呂もほどほどにしたほうがいいのではないか。(頂門の一針)

杜父魚文庫
| 平井修一 | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 13:01 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE