<< アルカイダ系組織、邦人ら拘束し籠城−アルジェリア  古澤襄 | main | 欧米諸国はフランスを支持する姿勢を鮮明に 古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







ついにドイツは米仏に金塊の返還を要求した   宮崎正弘
世界は金本位制復帰に向かっているようである。

ドイツ中央銀行(バンデスバンク)は1月17日、フランスと米国に対して正式に金塊の返還を要求した。金備蓄の50%を2020年までにドイツは国内備蓄に切り替えると言明してきた。

そのうえでドイツは水面下で仏米両国に預託金塊の返送を要求してきたのだ。

なぜ水面下の交渉かと言えば、かつてイランとリビアが同じ要求を米国に行い、米国は逆に両国の在米資産凍結措置をとって、結局、バランスオフをはかり金塊は返さなかった。日本は、問題の意味さえわからず、NY連銀に保管してもらっている700トン余の金塊の返還を求めた形跡さえない。

もし、ドイツの要求通りの金塊返還が実現すれば、史上空前の出来事となる。

第一にニューヨーク連銀が保管するドイツの金塊は1500トン、このうち300トンを2020年までにドイツへ返送するとしている。

米国では昨年の大統領選挙の最中に、ロン・ポール下院議員が共和党保守派の意見を代弁して、米国の金本位制復帰を主唱した。このとき、ついにで発言した注目部分は「米国の保管する金塊ははたして本物か、タングステンにメッキしたモノではないのか、見せろ。外国のものは外国へ返せ」としたポイントにある。

ドイツは、このロン・ポール議員の発言に便乗してきたのだ。

フランスが預かるドイツの金塊は374トン、ちかくドイツへ返還するとフランス中央銀行は発言している。英国が預かっていたドイツの金塊は940トンだが、すでに2001年にドイツへ移送を完了している。

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 13:12 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1002496
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE