<< 財政危機説は嘘、アベノミクスで株価急騰   古澤襄 | main | 藤村官房長官の「ミサイル上げろ」発言の真意について 阿比留瑠比 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







「侵略」の時効は?   石岡荘十
どなたか教えてください。

先日、大学時代の友人数人と会った。その席でひとりがこう訊いて来た。「歴史上、人の国を侵略し、植民地化し、虐殺し、じつに多くの人を大規模に連れ去って奴隷とした例は数知れない。日本はいま、70年余前の戦争をめぐって、近くの国から『謝れ。口ばかりでなく、謝罪の意を行動で表せ』と攻め立てられている」。

その上「戦争指導者を祀っているところに,総理がお参りするのはけしからん。おまえの歴史認識をこっちと同じに改めない限り、会ってやらんと脅されている」

そこで、2つ訊きたいと友人は言う。

まず、歴史上、他国を侵略し、占領し、植民地化した国々が、謝った話はあまり聞かないが、あるとすればどこの国がどこにどんな謝り方をしたのか。先の戦争で謝罪をしたのは、ドイツと日本ぐらいだと思うが----。ほかにあったっけ?

次に、歴史認識が国によって異なるのは当たり前だと思う。が、それを変えなければ、会ってやらんとごねた国は、歴史上あるのか。あるとすればどの国がどこの国にそう言ったのか。言われた方は、どう対応したのか。

日本はかつて蒙古に襲われたり、近海でロシアの海軍相手に戦ったりしたこともあった。防衛のために多数の死傷者が出ている。幸い、侵略未遂だったが、彼らは謝ったのか。

加藤清正のことを謝れとは言ってないようだが。

友人はつまり、先の戦争が「侵略」だったとして、それがいつになったら時効になるのか、そんなものに時効はないのか、教えてくれと言っている。

酒席だったこともあって、むにゃむにゃとごまかして、議論は消化不良のまま終わってしまった。どなたか、正解を教えてくれませんか。(頂門の一針)

杜父魚文庫
| - | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 20:18 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1002170
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE