<< 未来、飯田代行VS小沢氏系の主導権争い  古澤襄 | main | 中国の無人機開発はスパイ工作で   古森義久 >>
自公で過半数上回る見通し 第三極伸び悩み  古澤襄
下馬評通り自民党と公明党が選挙区で優位な情勢にあって、過半数(241議席)を上回る勢いにある。産経新聞社が全国の総支局を通じて公示後の情勢を探った。

逆風下にある民主党は中堅やベテランの前職を中心にやや盛り返しを見せている。飯田代行VS小沢氏系の主導権争いを露呈した日本未来の党は公示前の62議席から大きく減らし、選挙区で2桁台は微妙。比例復活でどれだけ議席を確保できるかが焦点。

維新は党は発祥の地である大阪で強みを見せ、15程度で優位に立つが、東京などでは浸透しきれていない。28の選挙区で維新の候補と競合したみんなの党は、票を食い合う形となっており、伸びをみせていない・・・序盤の選挙情勢は第三極が伸び悩み、自公が優位に選挙戦を進めていることが明らかになった。

<第46回衆院選(16日投開票)について、産経新聞社が全国の総支局を通じて公示後の情勢を探ったところ、自民、公明両党で過半数(241議席)を上回る勢いであることが5日、分かった。民主党は公示前の230議席から激減して100議席を下回ることもあり得る。日本維新の会など「第三極」も伸び悩んでおり、自公両党が政権に復帰する公算が大きくなっている。

選挙区(300)のうち、自民は200程度で他の候補に先行している。前職や元職が地盤を着実に固めている。支持基盤が強固な地方部だけでなく、前回は全敗した埼玉や愛知などの都市部でも一定の議席を確保する見込み。

前回、8選挙区で全敗した公明も5選挙区で大きくリードしている。

逆風下にある民主は11月下旬に行った公示前情勢調査に比べ、中堅やベテランの前職を中心にやや盛り返しを見せている。ただ、3年3カ月の政権運営に対する批判はぬぐい切れていない。

日本未来の党は公示前の62議席から大きく減らし、選挙区で2桁台は微妙だ。

維新は党発祥の地である大阪で強みを見せ、15程度で優位に立っているが、都知事を務めた石原慎太郎代表の足元である東京などでは浸透しきれていない。

維新との合流が決裂したみんなの党は、28の選挙区で維新の候補と競合し、票を食い合う形となっており、伸びをみせていない。

社民党、新党大地、国民新党、新党日本は選挙区での議席を確保できるかのラインにある。(産経)>
 
杜父魚文庫
| - | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 02:01 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1002148
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE