<< 胡錦涛、突如、貴州省遵義を訪問(12月2日)   宮崎正弘 | main | 安倍晋三、 報道テロとの戦い 伊勢雅臣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







長距離弾道ミサイルの制御を失えば・・・   古澤襄
中国やロシアまでもが、北朝鮮に自制を求める中、人工衛星ロケット(長距離弾道ミサイル)の1段目が、北西部の平安北道・東倉里にある発射台に設置されたらしい。韓国の通信社・聯合ニュースが伝えている。

韓国海軍は探知距離1000キロの最新型レーダーSPY1を装着したイージス艦2隻を韓国西側の黄海に配備し、長距離弾道ミサイル探知する予定だ。

在日米軍は沖縄・嘉手納基地に配備したとされる弾道ミサイル観測機RC135S(通称・コブラボール)を黄海上空に投入する。人騒がせな北朝鮮、長距離弾道ミサイルの制御を失えば、どこに飛んでくるか分からない。

<【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が10〜22日の打ち上げを予告した人工衛星ロケット(長距離弾道ミサイル)の1段目が、北西部の平安北道・東倉里にある発射台に設置されたようだ。韓国政府の消息筋が3日に伝えた。

北朝鮮のロケット「銀河3号」は3段式で、クレーンで2段目、3段目ロケットまでを組み立て、電力・燃料注入用のケーブルを取り付けて燃料などを注入した後に最終点検が行われる。こうした発射準備を全て終えるには1週間ほどかかるとみられ、技術的には予告期間に入る10日までに準備が整う見通しだ。

実際の発射日は気象条件や指導部の決断にかかっているが、金正日(キム・ジョンイル)総書記の1周忌(17日)を前に内部の結束を固めるため、2〜3日前の14日または15日に発射されるとの見方も出ている。

北朝鮮が1日に発射計画を発表した際、日本などの関係国に通報した航空情報(ノータム)によると、1段目ロケットは今年4月の発射時に北朝鮮が通告した黄海の辺山半島西方140キロの公海よりも20キロほど南に落下すると予想される。2段目の落下予想地点(フィリピン東方190キロの公海)は4月と同じだという。

韓国軍当局は、北朝鮮のミサイル発射が秒読みに入ったことを受け、対北朝鮮情報監視態勢「ウォッチコン」を平時の3段階から2段階に引き上げることを検討している。(聯合)

<【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルの発射を予告したことを受け、韓国軍は最新型レーダーを装着したイージス艦2隻を黄海に配備し、長距離弾道ミサイルを探知する計画だ。

北朝鮮の長距離弾道ミサイルは3段からなり、1段から3段目までを発射台で直接組み立てていく。発射台に1段目が設置されてから発射までは1週間程度かかる。

韓国政府消息筋は3日、「北朝鮮は11月中旬、ミサイルの本体と発射関連装備を(北西部)東倉里の発射場に運搬し、発射場内の組み立て棟で本体を組み立てたと思われる。今後、点検を経て燃料を注入し、通信装備のチェックを行うものとみられる」と話した。

政府はミサイルの本体が発射台に移動した時点から実質的なミサイル発射カウントダウンが始まるとしている。

韓国軍関係者は「1段から3段目までを発射台に設置するのに3〜4日ほどかかる。1段目が設置されてから1週間後に発射準備が完了する」と説明した。

準備完了後は、発射台に固定する支援構造物が設置され、電力および燃料注入用ケーブルがつながれる。その後、酸化剤と燃料が注入され、最終点検が行われる。

北朝鮮は今年4月に長距離弾道ミサイルを発射した際には4月12〜16日に人工衛星を打ち上げると予告し、予告期間の2日目に当たる13日に「銀河3号」を打ち上げた。

今回のミサイル発射は故金正日(キム・ジョンイル)総書記の一周忌(12月17日)を控え、内部結束を固める狙いがあるとみられ、一周忌の2〜3日前に当たる14〜15日に発射するとの見方がある。

韓国軍当局はミサイル発射が秒読み段階に入れば、対北朝鮮情報監視態勢「ウォッチコン」を平時の3段階から2段階に引き上げる方針だ。

また探知距離1000キロの最新型レーダーSPY1を装着したイージス艦2隻を韓国西側の黄海に配備し、長距離弾道ミサイル探知に突入する予定だ。

米軍が沖縄・嘉手納基地に配備したとされる弾道ミサイル観測機RC135S(通称・コブラボール)を黄海上空に投入するとみられる。コブラボールはこれまでも北朝鮮のミサイル発射の際に嘉手納基地などに飛来している。
(聯合)>


<【ソウル時事】聯合ニュースは3日、韓国政府筋の話として、北朝鮮が10〜22日の間に打ち上げを予告した人工衛星ロケット(長距離弾道ミサイル)の1段目を、西部・東倉里にある発射台に設置したと報じた。

ロケットは3段で、全てを発射台に設置するのに3〜4日かかるとみられ、予告期間入り前に、技術的な発射準備が整う見通しという。(時事)>

杜父魚文庫
| - | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 19:14 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1002129
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE