<< 嘉田新党 合流の8割が小沢系  古澤襄 | main | 嘉田代表 新党構想を岩手県知事から打診  古澤襄 >>
小沢氏、7つ目の政党で復活を期す 米紙論評  古澤襄
米ウォール・ストリート・ジャーナルは、脱原発の嘉田由紀子・滋賀県知事よりも、七つ目の政党で復活を期す小沢一郎氏に焦点を合わせた論評を掲げている。

その日本語訳と英語の原文を掲載するが、米国内でも小沢氏の動向に注目している。反米・親中国色が強い小沢氏が日本政治の主導権を握ることの危惧があるのだろう。

<日本政界の「壊し屋」小沢一郎氏が復活を賭けて動き出した。来月の総選挙に向けた選挙戦の序盤では影が薄かったが、ようやく脚光を浴びる機会が訪れた。

小沢一郎氏2009年の総選挙で民主党を歴史的勝利に導いたものの、7月に他の議員とともに離党し同党の分裂を招いた小沢氏。27日には、離党後に自ら設立した「国民の生活が第一」(所属衆院議員48人)が、「脱原発」勢力を結集する形で新党の「日本未来の党」へ合流すると表明した。

同氏はこれまで、何度も政党を結成して影の実力者として支配し、状況に応じて解党するという行動を繰り返してきたが、今回の新党合流もそれと同じような動きと言えるだろう。

猛反対してきた消費税増税をめぐって野田佳彦首相と対立し、民主党内から多数の議員を引き連れて国民の生活が第一を設立した。ただ、世の中の関心はすでに、「日本維新の会」を結成し政界における第三極の確立を目指す橋下徹大阪市長に移っていた。

さらに、世論調査の支持率でトップに立つ自由民主党の総裁に安倍晋三元首相が予想外な形で返り咲いたこともあり、政治評論家や国会議員は小沢氏を、選挙への影響力を失った過去の人とみていた。

しかし、12月16日の総選挙まで3週間足らずになった今、橋下氏率いる維新については、第3極勢力として乱立するグループや小政党をまとめる力が期待されていたほどではないことが鮮明になってきた。

特に、地盤の大阪以外で勢力を伸ばしたい橋下氏は、石原慎太郎前東京都知事と合流するために脱原発という方針を取り下げたことで批判を浴びている。一方、選挙資金規正法違反で強制起訴されていた小沢氏は今月中旬に無罪が確定し、政治的に身動きが取れない状況から解放された。

そうしたなか、脱原発の立場で知られる嘉田由紀子・滋賀県知事が日本未来の党を結党したことは、小沢氏にとって見逃せないチャンスとなった。「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」や「みどりの風」とともに、すぐさま日本未来の党への合流を決めた。この結果、日本未来の党は前衆院議員61人を擁する3番目の規模の政党に浮上した。

一方、橋下氏の維新の会は最近の世論調査では第3極の小政党としては最も高い支持率を誇っているものの、所属する衆院議員数は11人にとどまっている。

小沢氏が日本未来の党の党首としてではなく、舞台裏で政党運営や選挙を操ろうとするは間違いない。40年を超える政治家人生における所属政党はこれで7党目になる。

ただ、小沢氏が選挙で有権者の動向を変える力を依然として持っているかどうかはまだ分からない。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

■英語原文

<Japan’s ‘Destroyer’ Eyes Comeback With Party No. 7.Search Japan Real Time1>

Ichiro Ozawa, center, and parliament members raise their arms as they shout slogans at their party’s first convention in Tokyo on July 11.More In Election

While conspicuously absent from early sparring in the run-up to Japan’s general election next month, veteran lawmaker Ichiro Ozawa has returned to the spotlight.

The political kingpin who orchestrated the Democratic Party of Japan’s historic victory in 2009 then split the party with a mass defection this summer announced Tuesday that his 5-month-old party of 48 lower house lawmakers will merge with the newly formed Japan Future Party under the umbrella of anti-nuclear power.

The move is a familiar one for a political actor known for repeatedly making and breaking parties–hence the nickname–and trying to control them from an apparent supporting role.

After butting heads with Prime Minister Yoshihiko Noda in July over a sales tax hike bill he vehemently opposed, Mr. Ozawa broke off a huge chunk of the DPJ to form the People’s Life First party. But while this drama was unfolding, the nation’s attention had already shifted to popular Osaka Mayor Toru Hashimoto’s attempts to create a third force in Japanese politics with the formation of his Japan Restoration Party.

By the time former Prime Minister Shinzo Abe had made his unlikely comeback, returning to the helm of the poll-leading Liberal Democratic Party, political pundits and lawmakers alike were writing off Mr. Ozawa as a has-been who no longer wielded the influence to be an election factor.

But with less than three weeks left until the Dec. 16 election, Mr. Hashimoto’s JRP has shown itself to be less effective than expected in uniting the splinter groups and parties that have popped up in recent weeks. In particular, Mr. Hashimoto has attracted criticism for abandoning his commitment to a zero-nuclear policy in favor of reaching beyond his Osaka power base to ally with outspoken former Tokyo Gov. Shintaro Ishihara. At the same time, Mr. Ozawa’s acquittal in a political funds violation case earlier this month, liberated him from the shadows of a four-year funding scandal.

So when high-profile Shiga Gov. Yukiko Kada, known for her anti-nuclear stance, created the Japan Future Party on Tuesday, the opportunity was too good to resist for Mr. Ozawa. Along with several other minor parties, Mr. Ozawa’s group quickly joined forces with the nascent political entity, catapulting it in prominence to the nation’s third largest party in terms of lower house members, with 61–mostly from the Ozawa camp.

Mr. Hashimoto’s party has just 11 national lawmakers, although it has been leading all the smaller parties in recent opinion polls.

The 70-year-old Mr. Ozawa will no doubt relish the chance to reprise his role of managing parties and elections behind the scenes rather than as the party’s official leader. This will be his seventh party in a career of more than 40 years.

But whether he still has the presence to move the public in an electoral drama remains to be seen.

杜父魚文庫
| - | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:57 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1002111
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE