<< 中韓両国を増長させた醜い日本人 加瀬英明 | main | <速報> 維新、太陽が合流を正式決定  古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







イスラエル、ハマスが連日の砲撃戦  古澤襄
米CNNはいイスラエル国防軍(IDF)が16日、ガザへの地上軍による侵攻にも備え、部隊を動員すると発表した。イスラエル内閣は同日、7万5000人の予備役の動員を承認したと伝えた。

一方、ワシントン読売は、16日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談し、ガザ情勢について協議したと報じた。ホワイトハウスによると、オバマ大統領は「イスラエルの自衛権を支持する」と改めて表明した上で、「沈静化をはかる選択肢」を協議した。

米政権は、イスラエルがガザに地上侵攻すれば地域全体が不安定化するとの懸念を強めている。一方、オバマ大統領は同日、エジプトのモルシ大統領とも電話会談し、事態の沈静化に向けた外交努力を称賛、早期収拾の重要性を強調した。

イスラエル・ニュースは連日の砲撃戦を伝えている。またネタニヤフ首相がオバマ米大統領にハマスの軍事最高司令官の殺害について説明。大統領はイスラエルの自衛権を認めたと報じている。

<ガザ(CNN)ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエルとの戦闘が激化する中、イスラエル内閣は16日、7万5000人の予備役の動員を承認した。ネタニヤフ首相の報道官が明らかにした。またイスラエル国防軍(IDF)も同日、ガザへの地上軍による侵攻にも備え、部隊を動員すると発表した。

同日、イスラエルの最も人口の多い2つの都市に複数のロケット弾が着弾。この攻撃による被害は報告されていないが、イスラエルのオレン駐米大使は、イスラエル人は今回の人口密集地への攻撃を「戦闘の激化」と見ていると語った。

イスラエルの首都エルサレムでは、空き地に2発のロケット弾が着弾した。ハマスはエルサレムに向け複数のロケット弾を発射したことを認めている。また商業都市テルアビブでも空爆警報のサイレンが鳴り、住民は安全な場所に避難したが、目撃者によるとロケット弾は海に着弾したという。

パレスチナ自治政府のウェブサイトによると、ガザでは14日以来、少なくとも30人が死亡したという。一方、イスラエルも死者は3人と発表している。

IDFによると、週半ば以来、ガザからイスラエルに向けて97発のロケット弾が発射されたという。また、イスラエルのロケット弾迎撃システムが99発のロケット弾を迎撃したとしている。(CNN)

<【ワシントン=山口香子】オバマ米大統領は16日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談し、ガザ情勢について協議した。

ホワイトハウスによると、オバマ大統領は「イスラエルの自衛権を支持する」と改めて表明した上で、「沈静化をはかる選択肢」を協議した。

選択肢の詳細は明らかにされていないが、米政権は、イスラエルがガザに地上侵攻すれば地域全体が不安定化するとの懸念を強めている。一方、オバマ大統領は同日、エジプトのモルシ大統領とも電話会談し、事態の沈静化に向けた外交努力を称賛、早期収拾の重要性を強調した。(読売)>

<イスラエル・ニュース>

■2012年 11月 12日(月)

*シリアから再びイスラエル北部に砲弾が着弾。イスラエル国防軍は、警告の意味でシリアに対する砲撃を行なった。(P,Y,H)
*週末から日曜にかけてガザからの砲撃は100発以上に達し、スデロットで3人が負傷。国防軍もガザに対する報復攻撃。(P,Y,H)

■2012年 11月 13日(火)

*日曜夜、ガザの武装勢力と国防軍の間で非公式の停戦合意が成立したが、再びガザから10発余りの砲撃。国防軍はガザ地区を空爆した。ハマスは新たな停戦について他の武装勢力と協議中。(H,P,Y)

*神学生の兵役を免除する特別法が期限切れになり、2013年の夏ごろから神学生の徴兵が開始される。対象は約1万4千人。(Y)

■2012年 11月 14日(水)

*ガザ地区から南イスラエルへのロケット砲攻撃は止まらず。イスラエルも空爆で応戦。エジプトが暗黙の停戦を目指し交渉中。(P,Y,H)

■2012年 11月 15日(木)

*4日間にわたりロケット砲攻撃が止まらないため、国防軍はハマスの軍事最高司令官ジャバリを空爆により殺害。ガザにある長距離ミサイルの発射拠点なども攻撃した。ハマスは報復を宣言。(H,Y,P)

*ネタニヤフ首相がオバマ米大統領にハマスの軍事最高司令官の殺害について説明。大統領はイスラエルの自衛権を認めた。(Y,P,H)

*エジプトのムルシ大統領はイスラエルのガザ攻撃を激しく非難。テルアビブ駐在のエジプト大使をイスラエルから召還した。(H,Y,P)

■2012年 11月 16日(金)

*ガザとイスラエルの戦いが激化。国防軍は約320の標的を空爆し、ガザ地区からは300以上のロケット弾が南部に着弾。(P,H,Y)

*ガザからの砲撃で、南イスラエルの住人3人が死亡。テルアビブにもロケット弾が着弾した。ガザ側でも十数人の死者。(Y,P,H)

*国連安保理では、ガザの情勢悪化をめぐり緊急会合が開催されたが、双方の事情を聴き「暴力の停止」を呼び掛けただけで終了。(P)

*エジプトはハマスへの支持を示すために首相をガザへ派遣。エジプトのムスリム同胞団はイスラエルとの断交を政府に要求した。(Y,P)

*英国のヘイグ外相が、ハマスのイスラエルに対するロケット砲撃を非難。砲撃を即時に中止するよう要求した。(H,Y)

杜父魚文庫
| - | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 12:53 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1002018
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE