<< テルアビブではサイレンが鳴り響き  古沢襄 | main | 中韓両国を増長させた醜い日本人 加瀬英明 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







さぁ、習近平の対日強硬政治が始まる! 宮崎正弘
宮崎正弘の新刊『習近平が仕掛ける尖閣戦争』(並木書房、232p、並製。定価1575円)

尖閣諸島を強奪しようとする中国に新指導者が誕生した。ところが改革のニュアンスがともなわない守旧派ぞろい、暗い印象がさきにたつ顔ぶれ、指導力がほとんど感じられない。

習近平は太子党からあがってきた独自的な個性も特色もない、カリスマ性を欠落させた人物。それゆえに周囲の強硬タカ派にたぐられ、対日強硬路線を突っ走るだろう

昔から中国では二流の指導者ほど国内矛盾をすり替えるために対外戦争を起こした!

尖閣に「偽装漁民」が上陸し、奪回作戦に挑む日本との間に軍事衝突が起こる可能性が日増しに高まってきた!

対日経済制裁、日貨排斥は中国経済を苦しめるだろうバブルはすでに崩壊しており、各地の暴動はまったくおさまらない。

国民の共産党幹部らの腐敗への怒りは沸騰点に達している。これら諸矛盾を日本への感情にすり替える目的で次の戦争が準備されている!そのとき、日本は怯懦のまま朽ちていくのか?

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 03:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 03:26 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1002016
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE