<< 胡錦涛の完全引退説と残留説?  宮崎正弘 | main | 民主・鹿野グループが年内解散反対で気勢  古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







民主が小沢氏側近に「刺客」 古澤襄
小沢一郎氏の無罪判決で沸き立つ「国民の生活が第一」だが、それに冷水を浴びせる情報が飛び込んできた。事もあろうに東祥三幹事長の地盤・東京15区に、民主党は”元”小沢ガールズの田中美絵子氏を刺客として立つことが決まったという。

美絵子議員は前回衆院選で森元首相の石川2区から立候補し、惜敗したものの、比例代表で初当選を果たした。その彼女を民主党の鉢呂吉雄選挙対策委員長は、東京15区に転戦・出馬を働きかけた。

鉢呂氏は菅元首相のグループ。小沢グループが東京18区の菅氏の選挙区に刺客を立てる噂が飛ぶなかで、先手を打って東幹事長のところに刺客を送り込んだのであろう。目には目、歯に歯の激しい争い、民主党と小沢新党の決別は抜き差しならないところにきた。

<民主党は12日、前回の衆院選で石川2区から立候補した田中美絵子衆院議員(36)=比例北陸信越ブロック=を次期衆院選で東京15区に擁立する方針を固めた。東京15区は「国民の生活が第一」の東祥三幹事長(61)の地盤。

民主党関係者によると、同党の鉢呂吉雄選挙対策委員長が田中氏に東京15区からの出馬を打診、都市部からの立候補を希望していた田中氏は受け入れる意向を伝えた。

民主党執行部は、「元」小沢ガールズを「刺客」として小沢氏側近の地盤に送り込むことで、生活と決別する姿勢を鮮明にする狙いがある。一方の田中氏は、キャリア官僚との不適切な交際が週刊誌で報じられたことをきっかけに、民主党石川県連が2区での公認は困難との見方を示していた。

田中氏は、前回衆院選で自民党の森喜朗元首相に惜敗したものの、比例代表で初当選を果たした。(産経)>

杜父魚文庫
| - | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 11:20 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1001991
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE