<< 石原新党きょう結成 党名は「太陽の党」   古澤襄 | main | 胡錦涛の完全引退説と残留説?  宮崎正弘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







野田首相、年内解散を検討 「環境整えば信問う」  古澤襄
12日の衆院予算院会で細野政調会長を質問者に立てた民主党と野田首相はじめ各閣僚の熱のこもったやりとりをみると、政府与党も解散を意識して三年を越えた民主党政権の成果をアピールするところに力点を移した。

さらに細野政調会長は12日夕から、国会内で民自公三党の政調会長会談を開き、公債法案を予算案と一体で処理する新ルール作りを提案、自公両党は合意する見通しとなった。一方で今年度の特例公債法案について、民主党が野党の求める減額補正に応じる姿勢を示した。

年内解散を検討している野田首相は、11日夜、民主党の輿石幹事長に「環境整えば信問う」と伝達したが、環境整備が急ピッチで進みつつある。

環境整備の最大のヤマ場は、格差是正のための小選挙区の「0増5減」案と、比例代表定数40削減の法案と切り離して、与野党で合意できるかにかかってきた。

民主党は同日の政治改革推進本部役員会で、14日にも提出する衆院選挙制度改革法案について、執行部に扱いを一任する方針を再確認した。両案の一体処理を提案する民主党執行部は、自公両党が主張する「0増5減」の先行処理も検討している。

これをクリアすれば、年内解散はほぼ確定的になる。

<民主・自民・公明3党は、赤字国債発行に必要な特例公債法案について、来年度以降3年間は予算案と一体で成立させる新しいルールを設けることで合意する見通しとなりました。

民主党・細野政調会長:「平成27年度までの特例公債法の発行を認める条文を、今年度の特例公債法のなかに入れるという案を(自民党・公明党に)提示した」

この民主党の提案に自民党や公明党も同意する方針で、この結果、2015年度までは特例公債法案がなくても赤字国債が発行できることになります。

また、今年度の特例公債法案についても、民主党が野党の求める減額補正に応じる姿勢を見せたことから、今の国会で成立する見通しとなりました。(テレビ朝日)>

<野田佳彦首相は12日、年内に衆院を解散する方向で検討に入った。赤字国債発行に必要な特例公債法案の今国会成立が確実となり、解散に向けた環境が整いつつあると判断した。

ただ、民主党では年内解散に慎重な意見が依然根強い。衆院選の「1票の格差」是正と、社会保障制度改革国民会議の設置に関する自民、公明両党との調整もヤマ場を迎えるため、首相はこれら課題の進展状況も見極めて最終判断する意向だ。

首相は11日夜、首相公邸で民主党の輿石東幹事長と会談。複数の政府・民主党関係者によると、首相はこの場で年内解散を検討する方針を伝えた。

ただ、輿石氏は12日の記者会見で「景気対策、外交防衛、もろもろの対応を考えれば政治空白をつくれるのか」と、年内解散に否定的な姿勢を改めて示した。

年内解散の場合、22日に解散して衆院選を「12月4日公示−16日投開票」の日程とする案が取り沙汰されている。16日投開票は自公両党が主張している。

首相は12日の衆院予算委員会で、8月の民自公3党首会談で約束した「近いうち」の解散について、時期の明示はしなかったものの、「重く受け止めている」と再三強調。「だらだらと政権の延命を図るつもりはない。環境が整えば国民に信を問う」と述べた。自民党の石破茂幹事長への答弁。

民自公3党は12日夕、国会内で政調会長会談を開き、公債法案を予算案と一体で処理するルール作りなどの協議に入った。一体処理は首相が自公両党に提起したもので、合意に達すれば解散に向けた環境整備がさらに進むことになる。 

また、民主党は同日の政治改革推進本部役員会で、14日にも提出する衆院選挙制度改革法案について、執行部に扱いを一任する方針を再確認した。

党内では、格差是正のための小選挙区の「0増5減」と、比例代表定数40削減の法案を一体で処理するよう求める声が強いが、執行部は自公両党が主張する「0増5減」の先行処理も検討している。

これら課題の調整に手間取れば、首相が30日までの今国会会期を12月後半まで延長した上で解散し、衆院選を来年1月に遅らせる可能性もある。

民主党内では年内解散への慎重論に加え、首相が環太平洋連携協定(TPP)交渉参加を衆院選で争点化する意向を示したことへの反発が拡大。解散前に首相退陣を求める動きが加速することも予想される。(時事)>

杜父魚文庫
| - | 03:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 03:07 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1001989
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE