<< 首相、輿石幹事長と会談 解散やTPPめぐり  古澤襄 | main | <速報>東京高裁が小沢一郎氏に無罪判決  古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







首相 年内解散の方向で検討へ NHK  古澤襄
「近いうちに国民に信を問う」とした野田首相は、年内解散の方向で検討に入ったとNHKは朝から報じている。

首相は11日、「(解散時期は)明示はしない。心の中も明かさない」と述べ、解散時期は明示しない考えを重ねて示した。

しかし民主党内には、解散の先送りを求める意見も根強くある。11日夜、野田首相と輿石幹事長が余人を交えず一時間にわたって会談したのは、このような党内情勢を見極めるステップを踏んだとの観測が生まれている。

野田総理大臣は、赤字国債発行法案が成立する公算となるなど、衆議院の解散を判断する環境が整いつつあることに加え、「近いうちに国民に信を問う」としたみずからのことばについて、「その重みは自覚している」と重ねて発言していることなども踏まえ、年内解散に踏み切る方向で検討に入りました。

ただ、民主党内では、解散の先送りを求める意見も根強くあり、野田総理大臣は、党内情勢も見極めたうえで、具体的な時期を判断するものとみられます。


国会は、12日と13日に衆議院予算委員会が開かれ、13日には、野田総理大臣と自民党の安倍総裁、国民の生活が第一の小沢代表、公明党の山口代表との党首討論が行われます。

このうち、自民党は、野田総理大臣が衆議院の解散時期を判断するとしている政策課題のうち、赤字国債発行法案の成立や衆議院の1票の格差の是正などに協力する姿勢を示し、年内解散を確約するよう迫る考えです。これに対し、野田総理大臣は、11日、「明示はしない。心の中も明かさない」と述べ、解散時期は明示しない考えを重ねて示しました。

こうしたなか、野田総理大臣は、赤字国債発行法案が成立する公算となるなど、解散を判断する環境が整いつつあることに加え、「近いうちに国民に信を問う」としたみずからのことばについて、「その重みは自覚している」と重ねて発言していることなども踏まえ、年内解散に踏み切る方向で検討に入りました。


また、野田総理大臣は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、日本として交渉に参加することを表明して次の衆議院選挙の争点にしたい考えで、自動車業界などから日本の参加に対する警戒感が出ているアメリカとの調整を急ぐことにしています。

野田総理大臣は、11日夜、総理大臣公邸で民主党の輿石幹事長と会談し、今後の国会対応やTPPなどを巡って意見を交わしました。

衆議院の年内解散を巡っては、政府・民主党内から「自民党などの政策の違いを鮮明にして解散すべきだ」などとして支持する声が出ていますが、民主党内では「内閣と党の支持率が低迷しているなか、選挙は戦えず、野田総理大臣が年内解散に踏み切ろうとするなら、内閣総辞職を迫るべきだ」などと、解散の先送りを求める意見も根強くあります。

このため、野田総理大臣は、党内情勢も見極めたうえで、具体的な解散時期を判断するものと見られます。
(NHK)>

杜父魚文庫
| - | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 07:20 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1001984
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE