<< 山井和則氏の国対委員長起用が浮上  古沢襄 | main | ようやく秋がきた 加瀬英明 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







中国、世界最大の金鉱山開発権を取得へ  宮崎正弘
カラカスでCITICが契約に調印。ウォールストリートジャーナル(9月24日)によれば、中国の国務院直属コングロマリットのCITIC(中国国際信託投資公司)は21日、ベネズエラの首都カラカスで、同国にある世界最大の金鉱山開発権を取得し、契約したと伝えた。
 
中国は現在世界最大の産金国であり、同時に消費国、十年後の金備蓄10000トンを目指すと豪語している。

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1001576
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE