<< 不気味な北朝鮮の沈黙  古沢襄 | main | 中国と近過ぎる韓国の悩み  古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







警告射撃を受けたのは中国漁船??  古沢襄
「不気味な北朝鮮の沈黙」を書いたら、北朝鮮の朝鮮中央通信が、警告射撃を受けたのは「他国の漁船」と報じてきた。「他国の漁船」とは、延坪島周辺海域で不法操業が常態化している中国漁船を指すとみられると、ソウルから読売と共同、時事が伝えてきた。

さて、真相は?中国は沈黙を守っている。

<【ソウル=豊浦潤一】朝鮮中央通信は22日、北朝鮮漁船6隻が21日に海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線を越えて南下し、韓国海軍の警告射撃を受けたことに関連し、「残っているのは、わが前線軍部隊の強力な打撃行動だけだ」とけん制する朝鮮人民軍西南前線司令部の報道を伝えた。

同司令部は、警告射撃を受けたのは「他国の漁船」と主張。他国漁船とは、警告射撃があった延坪島周辺海域で不法操業が常態化している中国漁船を指すとみられる。(読売)>

<【ソウル時事】北朝鮮の人民軍西南戦線司令部は22日、韓国海軍が21日に黄海の北方限界線を越えて韓国側に侵入した北朝鮮漁船に警告射撃を行ったことに対し、漁船は他国のものだったと強弁した。朝鮮中央通信が伝えた。

同司令部は侵入について、「他国の漁船の無秩序な漁労作業」と決め付け、韓国が「他国の漁船と分かり切っていながらも、その国を恐れてわれわれの漁船だと騒ぎ立てている」として、漁船は中国のものだと暗に主張した。

その上で、「多くのかいらい海軍の快速艇がわが方領海深くに侵入して銃弾・砲弾を放った。冒険的な軍事挑発だ」と非難した。

韓国の聯合ニュースによると、22日も北朝鮮漁船1隻が黄海の韓国側海域に侵入し、韓国海軍艇の警告通信を受けて引き返した。(時事)>

杜父魚文庫
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1001567
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE