<< 「アサズバッ」の「イエス」と「ノー」   前田正晶 | main | 尖閣諸島:日本議員が洋上慰霊祭へ   古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







香港活動家 10月1日に再上陸も   古沢襄
強制送還された香港の活動家らは、案の定、地元のメディアから「英雄」と呼ばれて、大きく報道されている。

尖閣諸島に上陸した活動家は「中国の建国記念日にあたる10月1日ごろに再び島に向かいたい」と再上陸を試みることを明らかにした。

これに対して、活動家の取り締まりに当たる香港の曽偉雄・警務局長(警察庁長官に相当)は18日、日本から強制送還された香港の民間反日団体「保釣行動委員会」のメンバーらを捜査する考えはないことを明らかにした。事実上の黙認といえる。

<沖縄県の尖閣諸島の魚釣島に上陸して逮捕、強制送還された香港の活動家らは、地元のメディアに対して、「ことし10月ごろに再び島に向かいたい」と述べ、再び尖閣諸島に上陸する計画を検討していることを明らかにしました。

尖閣諸島の魚釣島に上陸して逮捕された香港の活動家ら5人を含む合わせて7人は、17日夜強制送還されて香港に到着し、地元のメディアは「英雄」などと呼んで大きく報道しています。

このうち、魚釣島に上陸した活動家らは18日香港のラジオ局の番組に出演し、「中国の建国記念日にあたる10月1日ごろに再び島に向かいたい」と述べ、再び尖閣諸島に上陸する計画を検討していることを明らかにしました。

ただ、活動家らが所属する団体の代表は「まずは資金を集めたり、船の状態を調べたりする必要がある」と述べ、計画の具体的な検討にはしばらく時間がかかるという見通しを示しています。

一方、中国では、活動家らの逮捕、強制送還を受けて反日デモの呼びかけが続いており、北京の日本大使館の前では18日も小規模な抗議活動がありましたが、これまでのところ大きな混乱は起きていません。

中国では19日も、上海や南部の深センなど各地で反日デモが呼びかけられていることから、日本大使館や総領事館が現地の日本人に対して注意を呼びかけています。(NHK)

<【香港=吉田健一】香港の曽偉雄・警務局長(警察庁長官に相当)は18日、尖閣諸島に不法上陸するなどして日本から強制送還された香港の民間反日団体「保釣行動委員会」のメンバーら14人について、捜査する考えはないことを明らかにした。

香港公共ラジオなどが伝えた。14人を乗せた抗議船は12日、香港の水上警察の停船呼びかけを無視して香港海域を出た。

一方、今後も尖閣上陸を目指す意向を表明している同委員会の陳妙徳主席は18日、次の出航時期について本紙の取材に、「すぐにでも出発したいが、(日本から)香港に戻ってくる抗議船の破損状況などを見て決める」と述べ、具体的な日時は現時点では未定だとした。(読売)>
                      
杜父魚文庫
| - | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 19:36 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1001290
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE