<< 民主党外交に贈りたいマキャベリ 阿比留瑠比 | main | 相性だけではなさそう 岩見隆夫 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







世界第六位・35個のメダル獲得数  古沢襄
ロンドン・オリンピックは明日、閉幕するが、これまでに各国が獲得したメダル数は次のようになっている。スポーツ選手の身体能力ではアフリカ勢がずば抜けていると思うが、国としてのメダル獲得数では現れていない。

以前は米国とソ連が国の威信をかけて金メダルを争った。いまは米国と中国が角逐を演じている。共産圏にとってはオリンピックが、国家の威信を世界に示す場だったから、国家事業として選手の育成・強化に努めてきた。いまの中国がまさしくそれであろう。

自由主義陣営は選手の育成・強化が民間企業に委ねられていると言っていい。選手の育成・強化にはカネがかかる。長引く世界不況の影響で、日本では企業や実業団が選手の育成・強化から撤退するところが多い。その中で世界第六位の35個のメダル獲得数は褒められいい。

日本人はスポーツ愛好国民である。一人の優れたスポーツ選手が生まれる背景には、両親の支えや地域の熱心な応援が目立つ。金メダルこそ少ないが、日本経済が好転すれば、企業の支援が強まるだろう。逆に言えば、オリンピックのメダル数が日本経済の復調を表すバロメーターになる。

(胴顱。坑粥紛癸苅院ゞ筍横供‘治横掘
中国 81(金37 銀25 銅19)
ロシア 63(金15 銀21 銅27)

け儿顱。毅掘紛癸横機ゞ筍隠機‘治隠掘
ゥ疋ぅ帖。苅押紛癸隠亜ゞ筍隠検‘治隠粥
ζ本 35(金5 銀14 銅16)

Ч觸 31(金7 銀14 銅10)
┘侫薀鵐后。械亜紛癸后ゞ筍后‘治隠押
韓国 27(金13 銀7 銅7)

イタリア 21(金7 銀6 銅8)

杜父魚文庫
| - | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:36 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1001241
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE