<< 「菅首相でよかった」の声   岩見隆夫 | main | 消費税増税後は不況脱出の成長政策  古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







「輿石って野田にとってかけがえのない人物ね」  古沢襄
野田財務相が首相になると半年前にオフレコで教えてくれたのは、保守政界の女帝・辻トシ子さん。その時は半信半疑、メデイアはポスト菅は前原政調会長を一位に見立て、岡田副総理や仙谷政調会長代理の名もあがっていたが、野田氏の”ノ”も出ていなかったからでる。

現役の政治記者時代に辻さんから池田内閣の幹事長に前尾繁三郎氏がなると教えて貰ったことがある。前日に池田首相から直接聞いていた。しかしメデイアは別の人物を追いかけていた。共同通信も例外でない。

半信半疑でいる私に「ダマされたと思って、明日の朝、渋谷の前尾邸に行ってみなさい」と辻さんはいう。本当にダマされたと思って朝七時ごろ前尾邸に行って、前尾氏とサシで雑談していたら、八時過ぎに信濃町の池田首相から「幹事長を引き受けてくれ」と正式な電話が掛かってきた。

前尾氏も池田首相から前日までに事前に打診されていたのだろう。電話が終えて応接間に戻ってきて、椅子に深々と身を沈め「兄貴分の頼みだから・・・」と言いながら、副総裁・党三役の人事を教えてくれた。各社は別の人物の邸に張り込んでいたから、スクープといえばスクープなのだが、私の一報でニュースが流れたから夕刊で各社も前尾幹事長を報じ、一瞬のスクープでしかない。

辻さんの父・嘉六氏が戦後の自由党結成で資金調達の功労者だったから、吉田茂、鳩山一郎、佐藤栄作、池田勇人らが娘のトシ子さんを大切に扱ったのは分かる。しかし、それ以上に重要人事を知っていたのは、辻さんの才覚を彼らが愛したからであろう。

だが、民主党の人事まで知っているのは、辻さんの人脈が私たちの想定を越える。

昨日の夕方、電話があって「輿石っていう人は、メデイアの評判が悪いけど、野田首相にとってかけがえのない人物ね」と謎めいたことを言っていた。

正直にいってこの輿石評の真意が分からなかったが、一夜あけて輿石幹事長が、山梨県で記者会見し、9月の党代表選で野田首相の再選を支持する考えを示していた。「幹事長の立場で首相を支持しないなどと言う方がおかしい」というわけである。辻さんの地獄耳には驚くしかない。

これで民主党は9月21日の代表選に向かって野田再選で走りだす。8月上旬に両院議員総会を開き、告示日などを含めた日程を正式決定する。

「メデイアの世論調査は当てにならない。総選挙で民主党が壊滅的な敗北というのは早トチリ」と自信たっぷりなご託宣。「谷垣さんも再選でしょう」というと「さあーね」とつれない。追いかけて「森喜朗氏が谷垣再選を匂わせているが・・・」と言ったら、これも「さあーね」。

<民主党の輿石東幹事長は28日午前、山梨県昭和町で記者会見し、9月の党代表選に野田佳彦首相が出馬した場合の対応について「幹事長の立場で首相を支えないと言う方がおかしい」と述べ、首相の代表再選を支持する意向を表明した。

また、輿石氏は「代表選で誰が立候補しても、党を立て直していく。これだけの離党者が出たのだから、政権を維持して国民にもう一度(民主党を)信頼してもらわなければならない」と強調した。(時事)>

杜父魚文庫
| - | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 14:34 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1001161
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE