<< 強力な発信力に欠ける谷垣さん   古沢襄 | main | 民主三参院議員が離党「みどりの風」を結成   古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







朝鮮人民軍の玄永哲大将に次帥の称号  古沢襄
やはり北朝鮮の政権内部で何かが起こっている。十六日に朝鮮中央通信は李英鎬軍総参謀長が政治局常務委員など党の全役職を解かれたと発表したが、十七日には朝鮮人民軍の玄永哲大将を次帥に昇格させることを決めたと伝えた。

玄永哲氏が李英鎬氏の後任とはいっていないが、相次ぐ電撃的な人事は玄氏が李氏の後任の総参謀長として任命された可能性がある。

韓国の聯合ニュースは玄永哲大将に次帥の称号を与えたのは、北朝鮮軍部の世代交代を意味するとの分析が出ているとしているが、単純な世代交代とは思えない。

また中央日報は、最近、李英鎬の健康に異常があったという点は発見できなかったと伝えている。本格的な権力闘争が始まったとみた方がいいのではないか。

<【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が朝鮮人民軍の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)大将に次帥の称号を与えた。北朝鮮の朝鮮中央通信が17日、伝えた。朝鮮労働党中央軍事委員会と国防委員会の名義で発表された。

次帥の階級は、前日に全役職からの解任が発表された李英鎬(リ・ヨンホ)氏をはじめ、崔竜海(チェ・リョンヘ)総政治局長、金正覚(キム・ジョンガク)人民武力部長、金永春(キム・ヨンチュン)国防委副委員長らも授与されている。しかし朝鮮中央通信は、玄永哲氏が李英鎬氏の後任かどうかなどには言及しなかった。
玄永哲氏は2002年に中将、2010年9月に大将に昇進した。2009年3月に最高人民会議(国会に相当)第12期代議員に選出された。今年2月には「社会主義強盛国家建設と国防力強化に大きく寄与した」と認められ、金正日(キム・ジョンイル)勲章を受章した。(聯合)>

<【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が朝鮮人民軍の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)大将に次帥の称号を与えたのは、北朝鮮軍部の世代交代を意味するとの分析が出ている。

韓国政府高官は17日、「朝鮮人民軍大将から次帥に昇格した玄永哲氏は中朝国境守備を担当する第8軍団長を務めていた。軍団長を軍部の要職に抜てきしたのは金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の側近に軍部を再編しようとする動きとみられる」と語った。

別の消息筋は「16日に解任された李英鎬(リ・ヨンホ)氏の後任に崔富日(チェ・ブイル)副総参謀長や金英徹(キム・ヨンチョル)偵察総局長の起用が予想されたが外れた。韓国であまり知られていない人物が抜てきされるなど今後、北朝鮮軍で大幅な世代交代が進むとみられる」と話した。また、玄永哲氏は野戦軍を指揮した人物で、韓国に対する北朝鮮軍の強硬姿勢はしばらく変わらないと予想した。

一方、韓米当局は李英鎬氏の解任を機に、偵察活動を強化しているとされる。(聯合)>

<16日の官営朝鮮中央通信によると、労働党中央委員会は15日の政治局会議で、「李英鎬を病気のため朝鮮労働党中央委政治局常務委員と政治局委員、党中央軍事委副委員長などすべての職務から解任する」と決定した。

これを受け、金正恩(キム・ジョンウン)時代に入って以来、総参謀長、人民武力部長(金英春〜金正覚)、軍総政治局長(金正覚第1部局長〜崔竜海)、国家安全保衛部長(未詳〜金元弘)、保衛司令官(金元弘〜チョ・ギョンチョル)など軍部・公安核心責任者がすべて交代した。

李英鎬は金正恩第1書記が後継者に推戴された2010年9月の労働党代表者会当時、金正恩とともに新設職位である党中央軍事委副委員長に並んで任命され、北朝鮮権力の核心に急浮上した。

韓国政府は今回の解任を「重大な事案」と把握している。匿名を求めた政府当局者は「異例であり、状況が尋常でない。この程度の人物が削奪官職にあうことはほとんどない。本格的な権力闘争の始発かもしれない」と述べた。別の当局者は「平壌(ピョンヤン)の権力内部で不安定な部分があるとみている。最近、李英鎬の健康に異常があったという点は発見できなかった」と伝えた。

実際、李英鎬は8日、金日成(キム・イルソン)主席の18周忌を迎え、遺体が安置されている平壌錦繻山(クムスサン)太陽宮殿を金正恩とともに参拝した。李英鎬は今年に入って金正恩の公開活動に32回も同行している。現在では、金正恩の軍部掌握過程に問題が生じて問責されたか、張成沢(チャン・ソンテク)国防委副委員長(66、金正恩の叔母の夫)、崔竜海(チェ・ヨンヘ)軍総政治局長(62)との不和説、重大な失策または軍部内部の権力闘争に関与したという説などが出ている。

今年70歳の李英鎬は江原道(カンウォンド)通川(トンチョン)出身で、金日成軍事総合大学を卒業した。砲兵専門家で作戦通として平壌防御司令官など軍の要職を経て、金正日(キム・ジョンイル)によって金正恩の軍部後見役を任せられた。

李英鎬は、金正日の後継者時代に軍部の支持を固めた呉振宇(オ・ジンウ)元人民武力部長に比肩されたりもした。特に昨年12月の金正日の葬儀では、金正恩とともに最前列で霊柩車を護衛し、金正恩体制の権力エリート8人の核心と見なされた。このため李英鎬の電撃解任は事実上の粛清との見方が多い。

ジョンズホプキンス大のキム・ヨンヒョン訪問教授は「金正日は李英鎬に軍部を、崔竜海に労働党を任せ、張成沢にリベロの役割を与えた」とし「権力の分担に深刻な問題が生じる可能性がある」と述べた。(中央日報)>

杜父魚文庫
| - | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 11:57 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1001111
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE