<< 「イスラエルのイラン攻撃は不可避」記事の意味  古沢襄 | main | 南京大虐殺のまぼろし 古森義久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







【生き埋め平成東日本地獄】 MoMotarou
文明が衰退すると道徳が消え去り、処世術だけが残る。国会が国民の前で真実を述べる場でないなら、国会の効用はどこにあるというのだ。 チャーチル (英首相)

            ★

あの大震災より一年が経過しました。政府は11日に慰霊祭を行いますが、なんともやりきれないものです。当時、菅元首相は外国人献金問題で追いつめられておりましたが、この大危機を利用して“自分が”生き延びようとしました。そして被災者を「見殺し」にしました。今度の首相は、その上に復旧復興を利用して増税をし、被災地のみならず日本を「生き埋め」にしようとしております。慰霊祭を「蓋(ふた)」にさせてはなるものぞ!
 
■「ワルシャワ蜂起」を思い出す

1944年8月ドイツ占領下のポーランドで、首都ワルシャワより10キロに来ていたソ連軍に呼応して、国内のポーランド地下軍事組織が蜂起する計画だった。

7月29日より、ソ連より対ドイツ蜂起を呼びかけるラジオ放送が流されていた。

8月1日午後2時頃、約5万人のポーランド国内軍は蜂起を開始。ポ国内軍と市民は武器も殆ど無いのに立ち上がった。しかしソ連軍は一歩も動かず。また西側による航空支援にも同意を与えず、ポ国内軍9月にほぼ壊滅。

翌年1945年1月12日ソ連赤軍は、ようやく進撃を再開。1月17日、廃墟と化したワルシャワを“無料”占領。その後、ソ連軍はレジスタンス幹部を逮捕。所謂“濡れ手に粟”で東側に取り込んだ。

■「白河(福島)以北一山(ひとやま)百文」:東京は何を見ているのか。

当初、首都の東京が中心となって迅速な復旧が成されるものと思っておりました。世界も日本人ならやるだろうと期待しておりました。それが一年たってもこのザマです。もしかして被災地利用ばかりに頭を使い、生きている人間“国民”の事を忘れているのではないでしょうか。

左翼は情がない。自民が倒せないなら私が倒す。
 
 お勧めサイト
 ・杜父魚(かじか)文庫ブログ
  「幻想的なオーロラの出現だったが・・・  古沢襄」
  http://blog.kajika.net/?eid=1000215
 ・百地章、無駄で危険な人権救済法案[桜H24/3/9]
  http://youtu.be/klf35Dgoubo

 *【水島総】西田昌司議員の女性宮家容認発言に関して[桜H24/3/9]
  http://youtu.be/IM2QFdLRfdM

杜父魚文庫
| MoMotarou | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 08:28 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1000268
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE