<< 河内国民文化研究会で話したこと 西村眞悟 | main | 世界の工場という中国神話が総崩れ  宮崎正弘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







中国新幹線、武漢の橋梁工事現場で鉄橋が崩壊 宮崎正弘
開通直前の惨事、新幹線プロジェクトの暗い近未来。湖北省武漢は要衝。この武漢を東西南北と結ぶ新幹線は、すでに東の南京までと、南は広州までが開通している。残る路線は武漢の北側、河南省鄭州と結ぶ新線と、西は重慶と結ぶ新幹線である。

3月9日、開業まで二ヶ月となって急ピッチの仕上げ段階となっていた武漢近郊の揚子江を跨ぐ橋梁が、おりからの豪雨をついての試験走行中に、300メートルに渡って崩壊した。12日になって鉄道部が、この事故を公表した(ウォールストリートジャーナル、3月13日電子版)。

試走運転のため犠牲者がでた報道はないが、鉄橋崩落となると開業が一年以上遅れる。この橋梁崩壊は周囲45キロのレールに影響がでる懼れがあり、昨夏の温州における死者40名という事故以来の衝撃。

やっぱり中国の技術では新幹線は無理か?

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 06:47 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1000260
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE