<< 世界銀行総裁の椅子を巡る学界の争い熾烈化 宮崎正弘 | main | 中井洽衆院議員の事務所に脅迫の小指  古沢襄 >>
李明博大統領死亡のデマ記事を掲載  古沢襄
北朝鮮の李明博大統領攻撃は常軌を逸している。朝鮮労働党機関紙「労働新聞」に李大統領が死亡したというデマ記事を掲載した。「うわさ通り死んで当たり前の逆賊」という見出し付きである。

活字によるテロ攻撃ということか。

<北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は11日、李明博(イ・ミョンバク)大統領が死亡したといううわさが北朝鮮内部で急速に広がっている、と報じた。連日にわたって韓国政府に対する非難のボルテージを上げている北朝鮮が、挙句の果てに李大統領が死亡したというデマまで流しているというわけだ。

同紙は「うわさ通り死んで当たり前の逆賊」というタイトルの記事で「李明博が死んだという話が口づてに伝わり、いつの間にか事実のようになっている。痛快なうわさだからなのか、平壌はもとより全国各地に瞬く間に広がった。

平壌の地下鉄駅やバス停などの街頭や集落では、(住民たちが)李明博が死んだといううわさを聞き、手をたたいて踊り出す者もいた。本社編集局にも(うわさの真偽について)確認しようという電話が殺到している」と報じた。(朝鮮日報)>

杜父魚文庫
| - | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 13:38 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1000257
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE