<< 幻想的なオーロラの出現だったが・・・  古沢襄 | main | 三月八日、吹雪の札幌 西村眞悟 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







話し合い解散は国民感情からみたら談合と岡田氏  古沢襄
「話し合い解散」のトーンがぐーんと落ちている。民主党内には解散を拒絶する空気が出ているし、自民党内にも早期解散に疑問を持つ声がある。いま解散・総選挙になれば、自民180,民主160で、橋下新党が躍進するだけだと占う筋もある。

自民、民主とも支持率が20%台に低迷、無党派が50%を越える現状で、消費増税で話合い解散などはとんでもない・・・そんな空気がこのところ両党の議員の間で広がっているのは事実だ。

岡田副総理は十日、「話し合い解散は国民感情からみたら談合だ。選挙をしても自民党にも民主党にも良い結果にはならない」「話し合い解散は非常に難しい。談合と受け取られる。自民党にも民主党にもいい結果にならない」と早期解散を求める自民党をけん制した。

だが、早期解散なしで自民党の消費増税法案賛成を引き出すことも難しい。解散も出来ない、消費増税も出来ないとナイナイづくしになれば、野田政権は窮地に立つだろう。小沢一郎氏の「野田さんは消費税に肩入れしているが、日に日に支持率は下がる。不景気の時の増税はありえない」が妙に説得力を持ってきた。

<民主党の小沢一郎元代表は10日、千葉市で党所属議員のパーティーに出席し、「超高齢化社会の中で消費税の議論を否定するわけではない」としたうえで、「税と社会保障の一体改革と銘打っているが、増税だけで社会保障は影も形もみえない」と批判。「野田(佳彦首相)さんは消費税に肩入れしているが、日に日に支持率は下がる。不景気の時の増税はありえない」と語った。

一方、岡田克也副総理は10日のBS朝日の番組で、消費増税に反対している小沢氏について「世論とか野党の状況いかんだ」と述べ、賛成に転じる可能性があるとの見方を示した。(朝日)>

<岡田副総理は10日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、消費税率引き上げ法案の成立と引き換えに衆院解散を約束する「話し合い解散」について、「国民感情からみたら談合だ。選挙をしても自民党にも民主党にも良い結果にはならない」と述べ、早期解散を求める自民党をけん制した。

岡田氏は同日のBS朝日の番組でも「(大阪維新の会を率いる)橋下徹大阪市長らへの期待感が高まっている。今解散すれば、国民の怒りは既成政党に向かう」と強調。衆院解散の前に、社会保障・税一体改革のほか、衆院の「1票の格差」是正、行政改革に取り組む必要があると強調した。(読売)>

<岡田克也副総理は10日、BS朝日の番組で「今、解散すると国民の怒りは既存政党に向かう」と述べ、早期の衆院解散・総選挙を求める自民党をけん制。その後、日本記者クラブで記者会見し、消費増税法案成立への協力と引き換えに解散を確約する「話し合い解散」についても「非常に難しい。談合と受け取られる。自民党にも民主党にもいい結果にならない」と否定的な考えを示した。

会見ではこのほか、民主党の小沢一郎元代表について「消費税絶対反対とは言っていない。折り合う余地は残している」と述べた。(毎日)>

杜父魚文庫
| - | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 07:45 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1000251
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE