<< 意味不明な旧皇族「排除の論理」について 阿比留瑠比 | main | 小沢元代表の「何でこそこそ」 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







今や世界3位のコーヒー輸入国 平井修一
レギュラーコーヒー(粉コーヒー)を初めて飲んだのは昭和44(1969)年だったから、もう40年以上前になる。この年に大学に入学し、先輩に連れられて初めて喫茶店へ行ったのだ。当時は喫茶店は高級、ハイカラ、おしゃれで、なにやら文化とか先端とか無頼の香りがした。

社会人になってからは毎日のように仕事や昼休みで喫茶店を利用した。セルフサービスで低価格のドトールが店舗を急速に拡大し始めたのは1980年代で、それからはドトールを一番利用するようになった。安いし、ホットドッグやサンドもうまい。

「ドトールができると周辺の喫茶店は3軒つぶれる」と言われた。1981年に喫茶店は全国に15万4630店あったが、これをピークに2006年には8万1062店にまで減少した。

今は7万店ほどだろうから30年で半減したことになる。わが街の駅前にあった2店の喫茶店は今や1店のみになった。

コーヒー党が減っているわけではない。日本のコーヒーの輸入量(生豆換算)は1980年19万4294トン、2010年は44万4487トンと2倍以上に。今や世界3位のコーヒー輸入国である。

(社)全日本コーヒー協会の「コーヒーの需要動向に関する基本調査」によると、一人1週間当たりの消費量は1983年8.6杯、2010年は10.93杯。40代と50代は“コーヒー・エイジ”で14杯以上にもなる。家庭で6.74杯、職場・学校で2.86杯飲んでおり、喫茶店・コーヒーショップでは0.23杯に過ぎず、喫茶店が斜陽なのも頷ける。

何を飲んでいるのか。インスタント4.69杯、レギュラー3.27杯、リキッド(ペットボトルや紙パック入りのもの)1.09杯、缶1.87杯。インスタントはストレートではとても飲めた代物ではないが、ミルク(と砂糖)を入れればそこそこの味がするし、第一安直だから人気なのだろう。

2009年の世界の一人当たりコーヒー消費量(kg/年)は日本は3.36kg。がぶがぶ飲んでいるように思える米国は4.09kg。ところがコーヒー好きの国はあるもので、ルクセンブルク27.40kg、フィンランド11.92kg、ノル
ウェー8.92kg、デンマーク7.89kg、スイス7.65kg、スエーデン7.35kg(ICO:国際コーヒー機関調べ)。

「世界のコーヒー消費量で1位のアメリカも、国民一人当たりのコーヒー消費量となると10位にすら入りません(アメリカ11位、日本12位)。国全体の消費量と国民一人当たりの消費量では、やはり話が違ってくるのです。

世界の一人当たりの消費量を見ると、1位はなんとルクセンブルク。1年間に国民一人当たり2740杯ものコーヒーを飲んでいることになります。これは日本やアメリカのおよそ8倍」(味の素)。

2740杯・・・1日当たり7.5杯。起床時、朝食後、午前仕事中(1杯)、昼食後、午後仕事中(2杯)、夕食後に飲むのだろう。小生はドリップコーヒーは3、4杯、緑茶も3、4杯飲むからルクセンブルク人が多飲とは言えないもののコーヒー好きなことは確かだ。

2人以上世帯の年間支出喫茶代は全国平均5000円だが、岐阜市1万5000円、名古屋市1万3000円、東京区部8000円、神戸市8000円などの都市において特に大きい。

岐阜と名古屋が突出しているが、電車で26分の距離だから同じ文化圏だ。名古屋の喫茶店は何回も利用したが、食事のボリュームが多くて安いから市民が気軽に利用するのだろう。両市は店舗数からも“喫茶店王国”だ。

リタイアしてからは外で人と会うこともないからドトールにも行かなくなった。老人が増えるばかりだから喫茶店を含めた外食産業も斜陽の道をたどるばかりだろう。

杜父魚文庫
| 平井修一 | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 14:22 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1000214
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE